洋之介メモリアルカップ葉山

洋之介メモリアルカップ葉山2016 BIG WAVEコンテスト

葉山町にあるビックウェイブスポット、通称「Yono Peak」。
このビッグウェーブサーフィンポイントは葉山の御用邸の真裏、
「小磯」と呼ばれる岩礁の沖に巨大なスウェル(うねり)がヒットした時に姿を現す。
葉山の海で育ち、2006年1月2日に葉山の海で逝った若きビッグウェイバー/ウォーターマン佐久間洋之介(享年25歳)がチャレンジし続けた波。
「このポイントの6feetは、ハワイのビッグウェイブポイント、ワイメアの20feetより怖い。」
世界の大波にチャージした彼が残した言葉。
「Yono Peak」とは彼の名にちなんで付けられた名前だ。

8月1日〜10月31日をウェイティング期間とし、
大会にふさわしいウネリの到来が予想された時点で、
出場選手を招集しコンテストを開催します。
コンテスト中のベストウェイブをメイクしたサーファーが勝者となります。
ジャッジによるベスト1ウェーブを審査対象とした投票で勝者を選出します。

場所
葉山公園・葉山大浜海岸(小磯)

ウェイティング期間及び開催条件
2017年8月1日~10月31日の間、ビックウェイブサーフィンコンテスト開催にふさわしい条件を満たした時

ヒートについて
5人毎/45分~1時間でのコンテスト形式を予定

出場選手について
招待制

審査方法
審査員数名による投票。

*ビッグウェイブコンテスト安全確保について
①葉山ライフセービングクラブによる救急救命
②ジェットレスキューによる迅速な救助
③警察、消防、海保、病院などへの適切な連絡

後援
葉山町、FMヨコハマ、tvk、神奈川新聞社、サーフライダー ファウンデーション ジャパン

協力
葉山警察署、葉山消防署、葉山町漁業協同組合、
葉山ライフセービングクラブ、ダスキンレントオール横須賀ステーション
プランネル

告知協力
波伝説、なみある?、カラーズマガジン、J:COM 湘南、湘南ビーチFM

特別協賛
株式会社H.L.N.A

協賛
depth、東日本ハウジング株式会社、LaLuz inc、三留モーター商会、 波伝説、PADDLE HAYAMA、
ronherman、有限会社佐久間不動産、ティーズ・ハウジング株式会社、HRS SURF SHOP、Rays of Light .inc、マネぷら、葉山一色鍼灸接骨院、株式会社小暮自動車整備工場

Da Hui、シークエンスサーフボード、ダスキンレントオール横須賀ステーション、TOY surfhouse
DOVE WETSUITS、GRACE SURF、

ボルコム、なみある?、カラーズマガジン、玉泉堂印房、甲耀クリーンサービス、Lau Ola`ike、

Tears SurfShop、

主催
洋之介メモリアルカップ実行委員会